オススメ



下ごしらえ

筍の下茹で


春爛漫。買い物に行くと大きな筍が山積みにされて売られています。

土佐煮、天ぷら、茶碗蒸し、筍ご飯にお吸い物。木の芽和えも捨てがたい。

筍を使った料理はいくらも思い付くのに皮の付いた筍を見てしり込みしてしまうのは

筍の下茹でって難しそう。(めんどくさそう)

と思うからじゃないでしょうか。でも、案ずるより生むが易し。意外に簡単で手間要らずだったりします。

どうせ自粛で家にこもっていなきゃいけない昨今。今年は筍丸ごと1本お買い上げして筍尽くしを楽しみませんか?

筍の下茹での仕方

この筍は去年買った筍ですが結構でかいです(隣の体温計と比較せよ)。これで580円!!安いご馳走ですねぇ。ではさっそく下茹でに取り掛かりましょう。

  1. まず穂先を切り取ります。縦のラインに対して斜めに包丁を当て、さらに包丁を斜めに寝かして刃を入れます。大きくなるとかなり硬いので刃の根元を当てて力を入れながら……少し刃が入ったら少し筍を回転させる→また刃を入れて回転させる……を繰り返して切断。↓こんな感じ。

  1. 次に縦のラインに包丁目を入れます。(深めに入れちゃいましょう)

  1. 片一方ずつ皮を剥きます。

  1. 完全に剥けた状態。姫皮は天ぷらやあえ物などに使えるので取っておきます。

  1. お鍋にたっぷりのお湯を沸かして、鷹の爪と糠を加えて(吹きこぼれ注意)、筍を入れ落し蓋をして、弱火でコトコト1~1.5時間煮れば下茹で(アク抜き)完了です。

茹でる時の注意点

筍を下茹でする時は以下のことに注意して下さい。

  • 必ず落し蓋をして筍が浮いてこないようにする。筍全体がお湯に浸かっていることが重要です。
  • ここに書いた茹で時間はあくまで目安で筍の大きさによって変わります。竹串を刺してみてすっと通るようになれば頃合いです。

やってみた感想

皮を剥くのに5~10分(慣れれば5分もあれば剥けます)。茹でに入ってしまえば弱火にして放置プレイでOK。

意外に簡単じゃん^^

-下ごしらえ

Copyright© 料理なんてだいきらいっ!! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.