オススメ



ささみのテリマヨ丼

照り焼き風の味付けにマヨネーズを合わせる発想って誰が思いついたんでしょうね。

もしかしたらマクドナルドの照り焼きバーガーが起源じゃないかしらと僕は睨んでいるのですが、それより先にどこかのお好み焼き屋さんが始めたかもしれない可能性も否定できません。

とまれ、マヨネーズが苦手な人には災難でしかない気がしますが、世の照り焼き料理にマヨネーズがかかっているのはもはや定番中の定番で、この料理を作った時もほぼ無思考でマヨネーズをかけておりました(^^;

【材料】(1人分) 

調理時間:7分-

  • ご飯:1膳分
  • 鶏ささみ:2本
  • ピーマン:1個
  • 塩、ブラックペッパー:少々
  • 強力粉(なければ薄力粉):適宜
  • サラダ油:13g(大匙1)
  • マヨネーズ:適宜

[調味料パート]

  • オイスターソース:6g(小匙1)
  • 濃口醤油:6g(小匙1)
  • 味醂:6g(小匙1)
  • 酒:5g(小匙1)
  • 豆板醤:3g(小匙1/2)

【作り方】

  1. ささみは筋を取り一口大に切ります。これに塩、ブラックペッパーをまぶし、更に強力粉(なければ薄力粉)を薄くまぶします。ピーマンは種を取り1.5cm角程度に切ります。
  2. フライパンにサラダ油を入れて中火にかけささみを加えて両面こんがり焼きます。ピーマンを加えてさっと炒め、[調味料パート]を加えて絡めながら水気がなくなるまで炒めます。
  3. 丼にご飯をよそい2.をかけます。これにマヨネーズを絞り出せばできあがり。

【一口メモ】

  • 甘辛という味付けは日本人が好む定番ですが、そこにマヨネーズを加えることで甘酸っぱさを実現しました。しかも、こってりというおよそ酸っぱさとは対極の満足感。マヨネーズの偉大さを実感する一杯です。
  • マヨネーズはトッピングにせず[調味料パート]と一緒に加えて絡めるというのもありです。あと、仕上げに炒りごまを振ると香ばしくて美味しいですよ。
  • 鶏肉の中で最も脂肪分の少ないささみを使うことで、調味料の高カロリーは相殺され……るかなぁ(^^;
  • ささみは他のお肉に置換可能です。定番なら豚ももやロースの豚丼。変わり種ならタラなどの白身魚を焼いたり揚げたものがオススメです。

-

Copyright© 料理なんてだいきらいっ!! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.