オススメ



その他ご飯もの

三つ葉とアミエビの混ぜご飯

お店の定食やコース料理では「○○づくし」といった趣向を採ることがあります。

旬の食材などを採り上げて全品その食材を使った料理で統一するという遊びで、同じ食材でも料理によってガラリと雰囲気を変えて客を驚かせるのが料理人の腕の見せどころだったりします。

 

江戸を舞台にした人情料理小説「みをつくし料理帖」にもそんな料理が登場します。

題して三つ葉づくし。鮮やかな緑が見た目にも春を感じさせる定食で、美味しそうでした。

既に何品かは試作したことがあるのですが、ご飯もののこれを作ってなかったことに気づいたので、過日作ってみました。

但し、少し贅沢をしてアミエビを加えるなど作中の料理からアレンジを加えています。

【材料】(2人分) 

調理時間:5分-

  • ご飯:2膳分
  • 三つ葉:1束
  • アミ海老:大匙2
  • 白ごま:大匙1
  • 塩:2g(小匙1/3)
  • 醤油:12g(小匙2)
  • ごま油:4g(小匙1)

【作り方】

  1. 三つ葉は洗って水気を切り2cm幅のざく切りにします。
  2. ボウルにすべての材料を合わせてよく混ぜればできあがり。

【一口メモ】

  • 口に入れる前から三つ葉、海老、ごまの香りが襲いかかってきて食欲がぐぐっと増します。香りを食べさせるごちそうですね。
  • 少し手間ですがアミ海老と白ごまはごま油少々で炒りつけてから混ぜ込むのもありです。香りが一段高まりますよ。
  • アミ海老の代わりに鮭フレークやツナ缶、鰹節を使っても美味しく頂けます。あと、あれば焼海苔を細く刻んで混ぜ込むと香りが複雑になります。
  • 味の変化球としては醤油を抜いて変わりにマヨネーズを加えるのも楽しいですよ。

-その他ご飯もの

Copyright© 料理なんてだいきらいっ!! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.