オススメ



サラダ

水菜と蒸し鶏の中華サラダ

僕が子供の頃は鯨肉が安いお肉の代表選手のように市場で手に入りました。

いろいろな食べ方があったけど一番覚えているのは水炊きかな。

といっても、言うほど美味しいという思い出はなくて、お肉は硬かったし春菊は独特の苦味が嫌いだったし、水菜は火が通ると繊維質のぼそぼそした食感になって噛み切れずに往生しました(って、ほとんど悪口じゃん)。

その頃に刷り込まれちゃったからか水菜(関西では京菜とも言います)にはあまり良い印象がありません。

けどね、数年前に生でサラダにして食べることを覚えてからはその印象もガラリと変わりました。

清涼感のある香りが好ましく和洋中どの味付けのドレッシングにもよく合います。

なんだ、最初から火を通さずにサラダにすれば良かったんじゃんと、思った次第。今回は中華風の味付けにしてみました。

【材料】(2人分) 

調理時間:15分-

  • 鶏むね肉:半枚(150gくらい)
  • 水菜:1束
  • (お好みで)七味唐辛子:適宜

[調味料パート]

  • 鶏ガラスープの素:小匙1
  • ごま油:8g(小匙2)
  • 白ごま:小匙1
  • 塩:ひとつまみ

【作り方】

  1. 鶏肉は皮を外して沸騰した湯(分量外)に皮も含めて投入し中火で5分茹でます。火を止めて更に5分放置し芯まで火を通します。 ※皮はこの料理では使いません。細切りにしてポン酢と刻みネギと和えると良い肴になりますよ。
  2. 1.をやっている間に水菜は洗ってよく水気を切り2cm幅のざく切りにします。
  3. 鶏むね肉を冷水に放って急冷します。これを細かく裂きます。ボウルに鶏肉と2.、[調味料パート]を合わせてよく和えればできあがり。

【一口メモ】

  • 水菜の清涼な風味とごま油のこってりした風味は意外に好相性。鶏ガラスープの程よい塩気と相まって箸が進みます。
  • 鶏肉を裂くのが面倒という方は包丁で細切りにするのもありだと思います。
  • 白髪葱を加えると風味が複雑になって楽しいです。
  • お好みで七味唐辛子を振ると味変して面白いです。

-サラダ

Copyright© 料理なんてだいきらいっ!! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.