オススメ



根菜の料理(和食)

ごぼうとひき肉の甘辛炒め

我が家の基本の根菜はじゃがいも、玉ねぎ、人参です。

これに加えて常備している野菜類は、キャベツ、大根、ごぼうでしょうか。

殊にごぼうはシャクシャクした食感が好きでお弁当のおかずにもよく登場します。

きんぴらにして良し、サラダにして良し、それからこんな風にお肉と合わせればボリュームのあるおかずにだってなりますよ。

【材料】(2人分) 

調理時間:5分-

  • ごぼう:1/4本
  • 豚又は合挽ミンチ:50g
  • 生姜:ひとかけ
  • サラダ油:少々

[調味料パート]

  • 濃口醤油:12g(小匙2)
  • 酒:10g(小匙2)
  • 味醂:12g(小匙2)
  • 砂糖:3g(小匙1)

【作り方】

  1. ごぼうはささがきか千六本(マッチの軸くらいの細切り)に切ります。生姜はみじん切りにします。
  2. ミンチ、生姜と[調味料パート]を合わせてよく和えておきます。
  3. フライパンにごぼうとサラダ油を入れて中火で1分ほど炒めます。
  4. 3.に2.を加えて肉の色が変わるまで炒めればできあがり。

【一口メモ】

  • ありがちなお惣菜ですが、その分飽きがこない味です。たまに無性に食べたくなるのは日本人の性かな^^;
  • ミンチを火にかける前に調味料で和えておくのがそぼろを上手に作るコツです。こうすると肉の表面に水の膜ができて肉同士がくっつきにくくなるのでぽろぽろのそぼろが作れます。
  • 余談ですが、千六本は元々「繊蘿蔔(せんろふ、せんろうぽ)」と書く中華料理用語です。蘿蔔は大根のことで、大根などを繊する(細く刻む)ことを指します。この言葉輸入されて音に対する当て字として千六本と言われるようになったんだそうです。

-根菜の料理(和食)

Copyright© 料理なんてだいきらいっ!! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.