オススメ



パスタ

和風ジェノベーゼ

「メボウキ」という植物をご存知でしょうか?

多くの人が「聞いたこともない」と答えそうですが、実は多くの人が知っております。

これ、バジリコ(バジル)の和名なんですよね。

西洋の植物には全て(なのかな?)和名という日本風の別名が付けられています。

例えば「オランダミツバ」といえばセロリのこと。うーん三つ葉に香りが似てるかな?

「ミドリハナヤサイ」といえばブロッコリーのこと。これは見た目そのまんまの名前ですねぇ。

「アマダイダイ」といえばオレンジのこと。なんか亀の親戚みたいなネーミングですが。

興味のある方はWikiぺディアで思いつく野菜や果物を検索してみましょう。

右側に植物の写真がレイアウトされていて、分類、学名の下に和名が書かれています。面白いですよ。

で、メボウキことバジリコのお話です。

誕生花は1/25、6/24、7/22、10/15の4日。

花言葉は「好意、好感、神聖、高貴、良い望み、強壮、憎しみ、何という幸運」。

名前の由来がギリシア語のバジレウス=王から来ているのでそれらしい花言葉になっています。

パスタでこのバジリコを使う料理といってすぐに思いつくのは「ジェノベーゼ」、イタリア・リグリア州のジェノバ(Genova)県うまれのソースで和えた緑色のスパゲティ料理です。

ではもし「和風ジェノベーゼ」というものを作るとしたら何を使うと良いでしょう?

バジリコはシソ科メボウキ属の多年草、なのでこんなレシピになるかなと思って作りました。

【材料】(1人分) 

調理時間:10分-

  • スパゲティ:100~120g
  • 厚切りベーコン:適宜

[ソースパート]

  • 大葉:3~4枚
  • ナッツ類(胡桃、アーモンドなど):1~2粒
  • 塩:2g
  • オリーブオイル:20g
  • にんにく:ひとかけ
  • 粉チーズ:適宜
  • ブラックペッパー:少々

【作り方】

  1. スパゲティをパッケージに記載されている時間ー1分茹でます。
  2. 1.をやっている間にソースパートの大葉、ナッツ類、にんにくをみじん切りにします。[ソースパート]の残りの材料と合わせてよく混ぜます。
  3. フライパンにベーコンを入れて中火にかけかりっとなるまで炒めます。これに2.を加えて弱火にし1~2分じんわりと火を通します。
  4. 茹で上がったスパゲティをざるに揚げて水気を切り3.のフライパンに投入し中火にかけます。トングでよく和えればできあがり。

【一口メモ】

  • 強い大葉の香りが鼻をくすぐって食欲がぐんと増すパスタです。味付けは塩だけのシンプルなものですが煩くなくてGOOD。ナッツの食感も楽しいです。
  • 本家のジェノベーゼで使うバジリコはシソ科の植物ですから、和風なら大葉を使うのは理に適っていると思います。できれば大葉をもっと多めにしてみて下さい。より和風らしさを楽しめますよ。
  • ソースを丁寧に作りたい場合はフードプロセッサーで[ソースパート]をきっちり粉砕&混ぜ込むことをお勧めします。ただ、洗い物がめんどくさいんですよねぇ^^;
  • 具材はベーコン以外に茸類なども合いますよ。

-パスタ

Copyright© 料理なんてだいきらいっ!! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.