オススメ



食材の保存法

卵の保存


卵は栄養価が高く和洋中いろいろなジャンルの料理に使える便利アイテムです。

けど、お店では常温で売られていたりして家でどうやって保存するのが正しいのか迷ってしまいますよね。

ということで、卵の正しい保存法についてちょっと勉強してみました。

新鮮な卵の見分け方

卵の鮮度の良し悪しを見分ける方法には以下のようなものがあります。

  • 水に入れると沈む
  • 表面がザラザラしている
  • 光に当てると中が透けて見える

こんな卵は鮮度が良いとされています。

逆に水に入れると浮いてくる、表面がツルンとしている、中が透けて見えない。卵は鮮度が落ちてきています。

買ってからちょっと時間が経ってしまって不安な場合は試してみてください。

ちなみに卵の賞味期限はざっくり2週間くらいだそうです。

卵は常温保存して良いのか

スーパーに行くと卵はたいてい冷蔵庫ではなく棚に常温で置かれています。

あれを見て僕は長いこと「卵って常温で保存しても大丈夫なんじゃね?」と思っていました。

けど、あれは結露を避けるための対策なのだそうです。

卵は物流の段階では常温で運ばれてきます。これを冷たい冷蔵庫に入れると結露(空気中の水蒸気が水になって付着する現象)が起きやすく殻の気孔(呼吸をする穴)から雑菌が入るリスクがあるので敢えて常温に置いているらしい。

なので、家ではやっぱり冷蔵庫で保存しましょう。で、万一汗のような結露がついたら拭いてやりましょう。

卵の保存方法

卵を置く場所

家庭用の冷蔵庫では扉にエッグスタンドが付いているものが多々あります。

ただ、できればあそこで卵を保存するのは避けましょう。理由は2つあります。

  • 扉の開け閉めの衝撃が卵に加わって割れる恐れがある
  • ドア付近は冷蔵庫の奥より温度変化が激しく卵が傷みやすい

なので卵を置くのは冷蔵庫の奥がオススメです。

卵の置き方

では、冷蔵庫の奥にどうやって卵を置くかですがずばりこんな感じです。

卵のパックの蓋を切ってパックごとしまうのがオススメです。

こうするとパックが緩衝材となって衝撃から卵を守ってくれますし、温度変化も和らげてくれます。

そして卵の立て方ですが、先が尖ったほうを下にして立ててください。

まとめ

卵を保存する際のポイントをまとめるとこうなります。

  • 温度変化の少ない冷蔵庫の奥で保存する。
  • 卵を衝撃から守るためパックごと保存する。卵は先が尖ったほうを下にして置く。

こうすれば卵は長持ちします。

-食材の保存法

Copyright© 料理なんてだいきらいっ!! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.