オススメ



野菜料理(洋食)

筍のグラタン

フランス料理に『グラタン・ド-フィノワーズ』というお料理があります。

定番のポテトグラタンなのですが、特徴はホワイトソースを使わないこと。

じゃがいもをスライスして、牛乳か生クリームで煮ると澱粉が溶けだして緩いホワイトソース状になるのです。

これをオーブンで焼いたらできあがり。

これの筍バージョンを作ってみました~というのがこの料理です。

但し、筍は澱粉の含有量が低いのでとろみはほとんど付きません。

スープグラタンといった感じかな。

でも、とっても美味しかったですよ♪

お手軽にするためにオーブントースターを使う手順にしてみました。

【材料】(1人分) 

調理時間:15分(筍のあく抜き時間は含めていません)-

  • あく抜き済みの筍:70g
  • 生クリーム:筍を耐熱皿に敷いてひたひたになる量:なければ同量の牛乳(こ の場合はバターを多めにして下さい)
  • 塩:1.5g(小匙1/6)
  • ホワイトペッパー:少々
  • (あれば)ロースハム:1~2枚
  • とろけるスライスチーズ:1枚
  • バター:10g

【作り方】

  1. 筍は5mm厚にスライスします(サイズが大きければ更に2等分又は4等分します)。ロースハムとスライスチーズは5mm幅の細切りにします。バターは5mm角の粒状に切ります。
  2. 耐熱皿に筍を敷きつめ、上から塩、ホワイトペッパーを振りかけます。生クリーム又は牛乳を注ぎ、スライスチーズ、ハム、バターをその上に均等に散らします。
  3. 2.をオーブントースターの強で10分程度焼いて筍に焦げ目が付けばできあがり。

【一口メモ】

  • 筍の風味が立って食欲をそそります。ぜひ、生筍を水煮したものでやって下さい。パックの筍の水煮とは風味が格段に違うと思います。
  • 筍の旨みが溶けだして生クリームが良い味のスープになってます。これを後から飲むのもこの料理の楽しみみたいですね。
  • ハムは必須ではありません。なくても美味しく食べられます。

-野菜料理(洋食)

Copyright© 料理なんてだいきらいっ!! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.