オススメ



雑炊・粥・リゾット・ドリア

スタミナ味噌おじや

「へえ、昔は年末になると宴会をやってたんだ。でも、なんで?」なんて若い人たちに言われる未来も遠くないかもしれません。

今では「なんかうっとうしいイベント」と敬遠されて、いらない子扱いされがちな忘年会ですが、僕が今の職場に入社した1980年代はなんの疑問もなく頻繁に開催されていました。

職場内だけでなく特にお世話になっているお客様を交えての忘年会も盛んで週に2回、3回なんてこともざらにありましたっけ。

さすがに「何回、年を忘れるねん」と自嘲気味に笑っていましたね。

「あん時はたいへんだったなぁ」とかその年にあったトラブルの話などで盛り上がりながら「ともあれ1年間お疲れさまでした」と笑って年の瀬を迎える──

僕からすると一年の慰労をこめて酒を酌み交わすというのはしごく自然で社会人としてはごく当たり前なイベントに感じるんですけどね。

ま、忘年会の是非はともかく年末の一大行事だったことは間違いありません。

真冬という季節柄、料理は鍋物が多かったな。

鍋の〆に雑炊を頂くという風習も僕は忘年会で覚えました。

実家でも鍋料理の日はありましたけど最後にご飯を入れるという習慣がなかったのです。

お粥が生米から作る料理であるのに対して雑炊、おじやは炊いた米を煮汁に加えて煮込む料理です。

いろいろな具材を煮た後の鍋料理のおじやは良い出汁が利いていて美味しかったな。

なんてことを考えながら真っ昼間のランチタイムにこんなおじやを作ってみました。

【材料】(1人分) 

調理時間:10分-

  • ご飯:1膳分
  • 豚もも肉:50g
  • 塩、ブラックペッパー:少々
  • サラダ油:少々
  • 刻みネギ:少々
  • 粗挽きブラックペッパー:少々
  • バター:5g
  • (あれば)卵:1個

[煮込みパート]

  • 水:200g(カップ1)
  • 中華スープの素:4g
  • 味噌:12g(小匙2)
  • おろしにんにく:ひとかけ分
  • めんつゆ:小匙1

【作り方】

  1. 豚肉は小さめに切り塩、ブラックペッパーをまぶします。小鍋にサラダ油と豚肉を加えて色が変わるまで炒めます。
  2. 1.に[煮込みパート]を加えてひと煮立ちさせます。これにご飯を加えて蓋をし、弱火で3分煮込みます(吹きこぼれに注意)。卵をおじやをよそう器に割り入れてよく溶いておきます。
  3. 2.に卵を加えてさっと混ぜ、弱火で30秒煮込み火を止めて蓋をし、1分蒸らします。
  4. 3.を器によそい刻みネギと粗挽きブラックペッパーを散らせてバターをトッピングすればできあがり。

【一口メモ】

  • ぜひ熱々を戴いてください。体の芯からポカポカ温まって寒さなんか吹っ飛びますよ。
  • このレシピの[煮込みパート]は元々、煮込みうどんに使っている配合をアレンジしたものです。おうどんのレシピってそのままご飯に置き換えると美味しいおじやができたりするんですよ。
  • お好みでおろし生姜を加えるとポカポカ度がぐんとアップします。

-雑炊・粥・リゾット・ドリア

Copyright© 料理なんてだいきらいっ!! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.