オススメ



厨房日誌

怒りの置きどころ

前の会議が延びて会社を出たのがぎりぎりの時刻。

お客様との約束まで待ったなしの時間。と、思ったら人身事故で電車が止まっちゃった。あなたならどうします?

①お客様に電話して事情を伝える
②すぐに電車を降りてタクシーを飛ばす

あたりはまだまともな発想だと思います。

③ただひたすら電車が動き出すことを神に祈る
④いつ電車の運行が再開するのか駅員さんに何度も訊く
⑤電車が動かないことを駅員さんに抗議する

嘘みたいな話ですが中には本当にそういうことをする人がいるらしい。いや、抗議しても電車動かないし。

おそらくですけど、その人の頭の中ではすでに目的がすり替わっているんじゃないかな?

本来の目的:時間どおりに客先に到着する
今の目的:なんとかして電車の運行を再開させる(再開してもらわないと困る)

どうも、ヒートアップすると誰しも自分がホントは何をしたかったのかを忘れることってあるみたいです。


話は変わるのですが、うちのオーブンレンジ君はなかなか優秀で僕のスー・シェフ(副シェフ)として大活躍してくれます。

けどね、1つ困ったことがあるのです。

熱燗をつける時、温度センサーが正常に働かないことがあるようで十分熱くなっているのにまだ加熱しちゃうことがしばしば。

結果、徳利から噴水のごとくお酒が噴出して庫内が酒びたしになることが1度ならずありました。

最初に考えたのは

①メーカーに対応策を問い合わせる
②メーカーに修理を依頼する
③メーカーにクレームを入れる

だって、噴きこぼれたお酒はもったいないし、片付けは大変だったのですから。文句の1つも言いたくなります。

けど、ちょっと待てと自問自答。クレームはストレス解消になるけどなんの解決にもなりません。

では、①対応策を問い合わせる?

けど、僕がやった操作って酒の入った徳利を入れてボタンをポチッと押しただけ。有効な対処方法なんてあるのでしょうか?

あったとしてその通りにしてまた酒が噴きこぼれたら泣くのはこっちです。

なら、②修理を依頼する?

僕は家電の専門家ではありませんが、SEですからこの種の不具合の修理規模はおおよそ予想が付きます。

それなりに大掛かりになるし、下手をすると持ち帰りになって何日もオーブンレンジなしの生活になります。それは困る。

それに修理後、やっぱり直っていなかったらお酒が無駄になるのは同じこと……

 

で、ふと自分は何がしたかったのだろうと考え直してみたのです。

僕は熱燗が呑みたかった。

ですよね。

別に誰かを怒鳴り散らしたかったわけでも、オーブンレンジの改善を図りたかったわけでもないのです。

というか、そういうのはどうでも良くて、ただ寒い夜に熱燗が飲めれば良い。

そこで、何度か時間を図りながら熱燗をつけて、十分熱くなっているけどまだ噴きこぼれない時間を割り出しました。

1分20秒

なら、その時間になったら加熱を止めれば良いわけです。

ということで、今ではキッチンタイマーをセットしてからオーブンレンジのスイッチをポチるので悲劇は一度も起きていません。

生活していれば誰かに怒りをぶつけたくなるような理不尽なことはしばしばあります。

けどね、そういう時はちょっとクールダウンしてこう考えましょう。

僕は何がしたかったんだっけ?

まず間違いなく、クレームを入れたかったわけではなく他に目的があったはずです。

それに気づけば合理的な対処が取れますし、何よりクレームに無駄な時間と労力を投入する必要もありません。

クレームの相手を困らせたり泣かせたりすることもありません。

怒りの向かうべき先、置きどころというのを正しく見極められればそれだけで僕らの日々の生活はずいぶんストレスレスになると思うのです。

2020/03/05 Thu.

-厨房日誌

Copyright© 料理なんてだいきらいっ!! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.