オススメ



野菜料理(洋食)

大根と挽肉のスープ煮

冷蔵庫に大根と挽肉がある──となると昔の僕なら和食一択だったと思います。

鰹出汁で煮て醤油、酒、みりん、砂糖で味付けして水溶き片栗粉でとろみを付けてといったところかな。

その料理をチョイスしてしまう1番の理由はたぶん大根の少し苦味をはらんだ独特の風味のせいだと思います。

子供の頃はこの風味が苦手で大根は嫌いな野菜でした。

けど甘辛に味付けするとその苦味がだいぶ緩和されるのでなんとか食べられたかな。

過日、丁度この組み合わせの食材が冷蔵庫にあったので夕飯に使おうとしたのですが、「スパイスを組み合わせて洋風に仕立てたらどうなるだろう」とふと思いたって試してみました。

結果は大成功。

なるほど僕の料理スキルと幅も確実に進化しているんだなあと実感しました。

【材料】(2人分) 

調理時間:15分-

  • 大根:5cm
  • 豚ミンチ:70~100g
  • サラダ油:少々
  • チキンブイヨンの素:1キューブ
  • 水溶き片栗粉:6g分

[スパイスパート]

  • オールスパイス:少々
  • クミン:少々
  • ブラックペッパー:少々

【作り方】

  1. 大根を下茹でするお湯(分量外)を沸かします。
  2. 1.をやっている間に大根はかつら剥きし、1cm幅のいちょう切りにします。お湯が沸いたら大根を投入し5分下茹でします。
  3. 2.をやっている間に小鍋にサラダ油を入れて中火にかけます。ミンチを重ならないよう底にまんべんなく広げて焼きます。1分ほど焼いたらひっくり返してまんべんなく焼き色が付いたら火を止めます。
  4. 茹で上がった大根をザルに揚げて水気を切り3.に加えて中火にかけ1分炒めます。これに水とチキンコンソメの素、[スパイスパート]を加えてひと煮立ちさせます。弱火にして蓋をして5分煮込みます。
  5. 4.に水溶き片栗粉を加えてとろみを付ければできあがり。

【一口メモ】

  • もしコンソメスープの素だけで作ったらかなり間抜けな味の料理になったと思います。たった一振りのスパイスで料理の顔ががらりと変わる見本のようなレシピです。
  • 香りのキーはクミンとブラックペッパー。それをオールスパイスが支えているような構造です。
  • 大根の下茹では必ずしましょう。味染みがまるで違います。
  • ひき肉は炒めるのではなく焼く感覚で熱を加えます。なるべく重ならないよう鍋の底に広げたらそのままいじらず焼き色をつけます。頃合いを見て何度かひっくり返して満遍なく焼き色をつけましょう。

-野菜料理(洋食)

Copyright© 料理なんてだいきらいっ!! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.