オススメ



鮭といくらの親子丼

いつぞやの秋のこと。

ショートケーキを作る裏作業で、筋子からいくらの醤油漬けを作ったのでついでにこれを作りました(って、どういうシチュエーションやねんw)。

この料理やってみたかったんですよねぇ。

なんて、贅沢な親子丼^^

せっかくなので、小道具をいろいろ使ってヘルシーに仕立ててみました。

【材料】(3~4人分) 

調理時間:15分-

  • いくら醤油漬け:適宜(たっぷりだと楽しい)
  • 御飯:人数分
  • 炒りゴマ:適宜
  • 甘酢生姜(お寿司などにおまけで付いてるやつ):適宜
  • 貝割れ大根:適宜
  • 刻み海苔:適宜

[鮭フレークパート]

  • 塩鮭(甘塩):3切れ
  • 酒:20g(大匙1+小匙1)
  • サラダ油:10g(大匙1弱)

【作り方】

  1. 塩鮭を器に入れて酒とサラダ油を回しがけラップをかけます。ラップに竹串で数か所穴を開け、電子レンジの強で2分チン。冷ましたら皮を剥いで大まかに骨を取ってフードプロセッサに投入。3~5秒スイッチオンして粉砕します(粉砕し過ぎず、粗めの方がお薦め)。
  2. 丼に御飯と炒りゴマを入れてよく混ぜます。上面の外周に1.を盛り、中央にいくらを盛り付けます。カイワレ大根と甘酢生姜を添えて、刻み海苔を載せればできあがり。

【一口メモ】

  • いくらのぷちぷちと鮭フレークの塩味は言うに及ばず、胡麻、海苔の香ばしさ、カイワレの辛み、生姜の甘酸っぱさ……この取り合わせ最高っす^^
  • 鮭のフレークは多めに作って冷蔵庫で保存しておけば、御飯の友になって夕飯が楽しくなりますよ♪
  • いくらの醤油漬けは、御飯に載せる以外にあまり使い道を思い付けないのですが、登場人物を増やすとまた趣が変わりますよね。あと、粘りをよく出した納豆と和えて豆腐に載せるという料理を見かけました。これ普通においしそう。

-

Copyright© 料理なんてだいきらいっ!! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.